名前空間
変種
操作

std::hardware_destructive_interference_size, std::hardware_constructive_interference_size

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
hardware_destructive_interference_sizehardware_constructive_interference_size
(C++17)(C++17)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
ヘッダ <new> で定義
inline constexpr std::size_t
    hardware_destructive_interference_size = /*implementation-defined*/;
(1) (C++17およびそれ以降)
inline constexpr std::size_t
    hardware_constructive_interference_size = /*implementation-defined*/;
(2) (C++17およびそれ以降)
1) 2つのオブジェクトが false sharing を回避するための最小オフセット。 少なくとも alignof(std::max_align_t) 以上であることが保証されます
struct keep_apart {
  alignas(std::hardware_destructive_interference_size) std::atomic<int> cat;
  alignas(std::hardware_destructive_interference_size) std::atomic<int> dog;
};
2) 隣接したメモリが true sharing を促進する最大サイズ。 少なくとも alignof(std::max_align_t) 以上であることが保証されます
struct together {
  std::atomic<int> dog;
  int puppy;
};
struct kennel {
  // Other data members...
  alignas(sizeof(together)) together pack;
  // Other data members...
};
static_assert(sizeof(together) <= std::hardware_constructive_interference_size);

[編集] ノート

これらの定数は L1 データキャッシュラインサイズにアクセスする移植性のある方法を提供します。

[編集]

[編集] 関連項目

処理系がサポートしている並行スレッド数を返します
(std::threadのパブリック静的メンバ関数) [edit]