名前空間
変種
操作

std::future_category

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread‎ | future

 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
ヘッダ <future> で定義
const std::error_category& future_category();
(C++11およびそれ以降)
将来のオブジェクトのエラーのための静的なエラーカテゴリオブジェクトへの参照を取得します。オブジェクトは、文字列error_category::name()へのポインタを返す仮想関数"future"をオーバーライドする必要があります。それは、タイプstd::future_errorの例外が提供されたエラーコードを識別するために使用され.
Original:
Obtains a reference to the static error category object for future object errors. The object is required to override the virtual function error_category::name() to return a pointer to the string "future". It is used to identify error codes provided in the exceptions of type std::future_error.
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

目次

[編集] パラメータ

(なし)

[編集] 値を返します

std::error_category由来不特定の実行時の型の静的オブジェクトへの参照.
Original:
A reference to the static object of unspecified runtime type, derived from std::error_category.
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

[編集] 例外

noexcept 指定:  
noexcept
  

[編集]

[編集] 参照

フューチャーまたはプロミスに関するエラーを報告します
(クラス) [edit]
フューチャーのエラーコードを識別します
(列挙) [edit]