名前空間
変種
操作

std::wctomb

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | multibyte
ヘッダ <cstdlib> で定義
int wctomb( char *s, wchar_t wc );

ワイド文字 wc をマルチバイトエンコーディングに変換し、それを (シフトシーケンスを含めて) s によって最初の要素が指されている文字配列に格納します。 最大 MB_CUR_MAX 文字が格納されます。

wc がヌル文字の場合は、初期シフト状態を復元するために必要なシフトシーケンスを前に置いたヌルバイトが s に書き込まれます。

s がヌルポインタの場合は、グローバルな変換状態をリセットし、シフトシーケンスが使用されるかどうかを調べます。

目次

[編集] 引数

s - 出力用の文字配列を指すポインタ
wc - 変換するワイド文字

[編集] 戻り値

s がヌルポインタでなければ、 wc のマルチバイト表現に含まれるバイト数を返します。 wc が有効な文字でない場合は -1 を返します。

s がヌルポインタであれば、内部の変換状態を初期シフト状態を表すようにリセットし、現在のマルチバイトエンコーディングが状態依存でない (シフトシーケンスを使用しない) 場合は 0、現在のマルチバイトエンコーディングが状態依存 (シフトシーケンスを使用する) の場合は非ゼロの値を返します。

[編集] ノート

wctomb を呼ぶたびに、内部のグローバルな変換状態 (この関数のみが使用する std::mbstate_t 型の静的オブジェクト) を更新します。 マルチバイトエンコーディングがシフト状態を使用する場合、バックトラッキングや複数回のスキャンを避けるように注意しなければなりません。 いずれの場合でも、複数のスレッドが同期せずに wctomb を呼ぶべきではありません。 代わりに std::wcrtomb を使用することができます。

[編集]

#include <iostream>
#include <clocale>
#include <string>
#include <cstdlib>
 
void print_wide(const std::wstring& wstr)
{
    bool shifts = std::wctomb(nullptr, 0); // reset the conversion state
    std::cout << "shift sequences " << (shifts ? "are" : "not" ) << " used\n";
    for (wchar_t wc : wstr) {
        std::string mb(MB_CUR_MAX, '\0');
        int ret = std::wctomb(&mb[0], wc);
        std::cout << "multibyte char " << mb << " is " << ret << " bytes\n";
    }
}
 
int main()
{
    std::setlocale(LC_ALL, "en_US.utf8");
    // UTF-8 narrow multibyte encoding
    std::wstring wstr = L"z\u00df\u6c34\U0001d10b"; // or L"zß水𝄋"
    print_wide(wstr);
}

出力:

shift sequences not used
multibyte char z is 1 bytes
multibyte char ß is 2 bytes
multibyte char 水 is 3 bytes
multibyte char 𝄋 is 4 bytes

[編集] 関連項目

次のマルチバイト文字をワイド文字に変換します
(関数) [edit]
指定された状態を使用してワイド文字をマルチバイト表現に変換します
(関数) [edit]
[仮想]
ファイルを書き込む時などのために、文字列を internT から externT に変換します
(std::codecvtの仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]