名前空間
変種
操作

std::mbstate_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | multibyte
ヘッダ <cuchar> で定義
(C++17およびそれ以降)
ヘッダ <cwchar> で定義
struct mbstate_t;

mbstate_t は、サポートされているマルチバイト文字エンコーディングルールの処理系定義の集合で発生し得るあらゆる変換状態を表現できるトリビアルな非配列型です。 mbstate_t のゼロ初期化された値は初期変換状態を表します。 初期変換状態を表す mbstate_t の他の値も存在するかもしれません。

mbstate_t の実装例は、不完全なマルチバイト文字を表す配列、配列内の処理したバイト数を表す整数のカウンタ、および現在のシフト状態の表現を保持する構造体です。

関数 std::mbrlen, std::mbrtowc, std::mbsrtowcs, std::mbtowc, std::wcrtomb, std::wcsrtombs, std::wctomb は、データ競合の可能性があるため、 NULLstd::mbstate_t* 引数を指定して複数のスレッドから同期せずに呼ぶべきではありません。

[編集] 関連項目

mbstate_t オブジェクトが初期シフト状態を表しているかどうかチェックします
(関数) [edit]