名前空間
変種
操作

std::basic_string::substr

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | basic string
 
 
 
std::basic_string
 
basic_string substr( size_type pos = 0,
                     size_type count = npos ) const;

部分文字列 [pos, pos+count) を返します。 要求された部分文字列が文字列の終端を超える場合、返される文字列は [pos, size()) になります。

目次

[編集] 引数

pos - 含める最初の文字の位置
count - 部分文字列の長さ

[編集] 戻り値

部分文字列 [pos, pos+count) を持つ文字列。

[編集] 例外

pos > size() の場合 std::out_of_range

[編集] 計算量

count に比例。

[編集] ノート

返される文字列は basic_string(data()+pos, count) によって行われたかのように構築されます。 これは、返される文字列のアロケータはデフォルト構築されるということを暗に示しています。 新しいアロケータは this->get_allocator() のコピーではありません。

[編集]

#include <string>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::string a = "0123456789abcdefghij";
 
    // count is npos, returns [pos, size())
    std::string sub1 = a.substr(10);
    std::cout << sub1 << '\n';
 
    // both pos and pos+count are within bounds, returns [pos, pos+count)
    std::string sub2 = a.substr(5, 3);
    std::cout << sub2 << '\n';
 
    // pos is within bounds, pos+count is not, returns [pos, size()) 
    std::string sub4 = a.substr(a.size()-3, 50);
    std::cout << sub4 << '\n';
 
    try {
        // pos is out of bounds, throws
        std::string sub5 = a.substr(a.size()+3, 50);
        std::cout << sub5 << '\n';
    } catch(const std::out_of_range& e) {
        std::cout << "pos exceeds string size\n";
    }
}

出力:

abcdefghij
567
hij
pos exceeds string size

[編集] 関連項目

文字をコピーします
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字数を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字列内の文字を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]