名前空間
変種
操作

std::basic_string<CharT,Traits,Allocator>::starts_with

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | basic string
 
 
 
std::basic_string
 
bool starts_with( std::basic_string_view<CharT,Traits> sv ) const noexcept;
(1) (C++20以上)
bool starts_with( CharT c ) const noexcept;
(2) (C++20以上)
bool starts_with( const CharT* s ) const;
(3) (C++20以上)

文字列が指定された接頭辞で始まるかどうか調べます。 接頭辞は以下のいずれかです。

1) 文字列ビュー sv。 別の std::basic_string から暗黙に変換された結果でも構いません。
2) 単一の文字 c
3) ヌル終端文字列 s

3つのオーバーロードはすべて実質的に std::basic_string_view<CharT, Traits>(data(), size()).starts_with(x); を返します。

目次

[編集] 引数

sv - 文字列ビュー。 別の std::basic_string から暗黙に変換された結果でも構いません。
c - 単一の文字。
s - ヌル終端文字列。

[編集] 戻り値

文字列が指定された接頭辞で始まるならば true、そうでなければ false

[編集]

#include <iostream>
#include <string_view>
#include <string>
 
template <typename PrefixType>
void test_prefix_print(const std::string& str, PrefixType prefix)
{
    std::cout << '\'' << str << "' starts with '" << prefix << "': " <<
        str.starts_with(prefix) << '\n';
}
 
int main()
{
    std::boolalpha(std::cout);    
    auto helloWorld = std::string("hello world");
 
    test_prefix_print(helloWorld, std::string_view("hello"));
 
    test_prefix_print(helloWorld, std::string_view("goodby"));
 
    test_prefix_print(helloWorld, 'h');
 
    test_prefix_print(helloWorld, 'x');
}

出力:

'hello world' starts with 'hello': true
'hello world' starts with 'goodby': false
'hello world' starts with 'h': true
'hello world' starts with 'x': false

[編集] 関連項目

(C++20)
文字列が指定された接尾辞で終わるか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字列ビューが指定された接頭辞で始まるか調べます
(std::basic_string_view<CharT,Traits>のパブリックメンバ関数) [edit]
(C++20)
文字列ビューが指定された接尾辞で終わるか調べます
(std::basic_string_view<CharT,Traits>のパブリックメンバ関数) [edit]
2つの文字列を比較します
(パブリックメンバ関数) [edit]
部分文字列を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]