名前空間
変種
操作

std::basic_string<CharT,Traits,Allocator>::rend, std::basic_string<CharT,Traits,Allocator>::crend

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | basic string
 
 
 
std::basic_string
 
(1)
reverse_iterator rend();
(C++11未満)
reverse_iterator rend() noexcept;
(C++11以上)
(2)
const_reverse_iterator rend() const;
(C++11未満)
const_reverse_iterator rend() const noexcept;
(C++11以上)
const_reverse_iterator crend() const noexcept;
(3) (C++11以上)

逆になった文字列の最後の文字の次の文字を指す逆イテレータを返します。 これは逆になっていない文字列の最初の文字の前の文字に対応します。 この文字はプレースホルダの役割を持ちます。 この文字にアクセスを試みると未定義動作になります。

range-rbegin-rend.svg

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

最後の文字の次の文字を指す逆イテレータ。

[編集] 計算量

一定。

[編集]

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <iterator>
#include <string>
 
int main()
{
  std::string s("A man, a plan, a canal: Panama");
  {
    std::string c;
    std::copy(s.rbegin(), s.rend(), std::back_inserter(c));
    std::cout << c <<'\n'; // "amanaP :lanac a ,nalp a ,nam A"
  }
 
  {
    std::string c;
    std::copy(s.crbegin(), s.crend(), std::back_inserter(c));
    std::cout << c <<'\n'; // "amanaP :lanac a ,nalp a ,nam A"
  }
}

出力:

amanaP :lanac a ,nalp a ,nam A
amanaP :lanac a ,nalp a ,nam A

[編集] 関連項目

先頭を指す逆イテレータを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]