名前空間
変種
操作

std::literals::string_literals::operator""s

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | basic string
 
 
 
std::basic_string
 
ヘッダ <string> で定義
string operator "" s(const char *str, std::size_t len);
(1) (C++14およびそれ以降)
u16string operator "" s(const char16_t *str, std::size_t len);
(2) (C++14およびそれ以降)
u32string operator "" s(const char32_t *str, std::size_t len);
(3) (C++14およびそれ以降)
wstring operator "" s(const wchar_t *str, std::size_t len);
(4) (C++14およびそれ以降)

所望の型の文字列リテラルを形成します。

1) std::string{str, len} を返します。
2) std::u16string{str, len} を返します。
3) std::u32string{str, len} を返します。
4) std::wstring{str, len} を返します。

目次

[編集] 引数

str - 生の文字配列リテラルの先頭を指すポインタ
len - 生の文字配列リテラルの長さ

[編集] 戻り値

文字列リテラル。

[編集] ノート

これらの演算子は名前空間 std::literals::string_literals で宣言されています。 literalsstring_literals は両方ともインライン名前空間です。 これらの演算子へのアクセスは using namespace std::literals, using namespace std::string_literals, using namespace std::literals::string_literals で得られます。

秒のリテラルを表すために std::chrono::durationoperator""s を定義していますが、そちらは算術リテラルです。 10.0s および 10s は10秒ですが、 "10"s は文字列です。

[編集]

#include <string>
#include <iostream>
 
int main()
{
    using namespace std::string_literals;
 
    std::string s1 = "abc\0\0def";
    std::string s2 = "abc\0\0def"s;
    std::cout << "s1: " << s1.size() << " \"" << s1 << "\"\n";
    std::cout << "s2: " << s2.size() << " \"" << s2 << "\"\n";
}

出力例:

s1: 3 "abc"
s2: 8 "abc^@^@def"

[編集] 関連項目

basic_string を構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]