名前空間
変種
操作

std::basic_string<CharT,Traits,Allocator>::find_last_of

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | basic string
 
 
 
std::basic_string
 
(1)
size_type find_last_of( const basic_string& str, size_type pos = npos ) const;
(C++11未満)
size_type find_last_of( const basic_string& str, size_type pos = npos ) const noexcept;
(C++11以上)
size_type find_last_of( const CharT* s, size_type pos, size_type count ) const;
(2)
size_type find_last_of( const CharT* s, size_type pos = npos ) const;
(3)
(4)
size_type find_last_of( CharT ch, size_type pos = npos ) const;
(C++11未満)
size_type find_last_of( CharT ch, size_type pos = npos ) const noexcept;
(C++11以上)
template < class T >
size_type find_last_of( const T& t, size_type pos = npos ) const noexcept(/* see below */);
(5) (C++17以上)

指定された文字シーケンス内の文字のいずれかと等しい最後の文字を探します。 正確な検索アルゴリズムは規定されていません。 検索は区間 [0; pos] のみが考慮されます。 区間内に文字がなければ、 npos が返されます。

1) str 内の文字のいずれかと等しい最後の文字を探します。
2) 範囲 [s, s+count) 内の文字のいずれかと等しい最後の文字を探します。 この範囲はヌル文字を含むことができます。
3) s の指す文字列内の文字のいずれかと等しい最後の文字を探します。 文字列の長さは Traits::length(s). を用いて最初のヌル文字によって決定されます。
4) ch と等しい最後の文字を探します。
5) std::basic_string_view<CharT, Traits> sv = t; によって行われたかのように、 t を文字列ビュー sv に暗黙に変換し、 sv 内の文字のいずれかと等しい最後の文字を探します。 このオーバーロードは、std::is_convertible_v<const T&, std::basic_string_view<CharT, Traits>>true であり、 std::is_convertible_v<const T&, const CharT*>false である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

すべての場合において、等しさは Traits::eq を呼ぶことによって調べられます。

目次

[編集] 引数

str - 検索する文字を指定する文字列
pos - 検索を終える位置
count - 検索する文字を指定する文字列の長さ
s - 検索する文字を指定する文字列を指すポインタ
ch - 検索する文字
t - 検索する文字を指定する (std::basic_string_view に変換可能な) オブジェクト

[編集] 戻り値

見つかった文字の位置、またはそのような文字が見つからなければ npos

[編集] 例外

5)
noexcept 指定:  
noexcept(std::is_nothrow_convertible_v<const T&, std::basic_string_view<CharT, Traits>>)

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2946 C++17 string_view overload causes ambiguity in some cases avoided by making it a template

[編集]

#include<string>
#include<iostream>
int main()
{
    const std::string path="/root/config";
    auto const pos=path.find_last_of('/');
    const auto leaf=path.substr(pos+1);
 
    std::cout << leaf << '\n';
}

出力:

config

[編集] 関連項目

文字列内の文字を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]
部分文字列が現れる最後の位置を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字が現れる最初の位置を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字が現れない最初の位置を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字が現れない最後の位置を探します
(パブリックメンバ関数) [edit]