名前空間
変種
操作

std::match_results<BidirIt,Alloc>::match_results

提供: cppreference.com
< cpp‎ | regex‎ | match results
 
 
正規表現ライブラリ
クラス
(C++11)
アルゴリズム
イテレータ
例外
特性
定数
(C++11)
正規表現の文法
 
 
match_results() : match_results(Allocator()) { }
(1) (C++11以上)
explicit match_results( const Allocator& a );
(2) (C++11以上)
match_results( const match_results& rhs );
(3) (C++11以上)
match_results( match_results&& rhs ) noexcept;
(4) (C++11以上)
1) デフォルトコンストラクタ。 確立した結果の状態のない (ready() != true) マッチ結果を構築します。
2) a のコピーをアロケータとして使用して、確立した結果の状態のない (ready() != true) マッチ結果を構築します。
3) コピーコンストラクタ。 rhs のコピーでマッチ結果を構築します。
4) ムーブコンストラクタ。 ムーブセマンティクスを用いて rhs の内容を持つマッチ結果を構築します。 呼び出しの後 rhs は有効だけれども未規定な状態になります。

[編集] 引数

a - このコンテナのすべてのメモリ確保のために使用するアロケータ
rhs - match_result を初期化するためのソースとして使用される別の match_result

[編集] 例外

1-3) (なし)

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
P0935R0 C++11 default constructor was explicit made implicit