名前空間
変種
操作

std::valarray<T>::valarray

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | valarray
 
 
数値演算ライブラリ
一般的な数学関数
特殊な数学関数 (C++17)
数学定数 (C++20)
浮動小数点環境 (C++11)
複素数
数値配列
擬似乱数生成
コンパイル時有理数算術 (C++11)
数値演算アルゴリズム
(C++17)
(C++17)
補間
(C++20)
(C++20)
汎用の数値演算
(C++11)
(C++17)
ビット操作
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
 
 
valarray();
(1)
explicit valarray( std::size_t count );
(2)
valarray( const T& val, std::size_t count );
(3)
valarray( const T* vals, std::size_t count );
(4)
valarray( const valarray& other );
(5)
valarray( valarray&& other ) noexcept;
(6) (C++11以上)
valarray( const std::slice_array<T>& );
(7)
valarray( const std::gslice_array<T>& );
(8)
valarray( const std::mask_array<T>& );
(9)
valarray( const std::indirect_array<T>& );
(10)
valarray( std::initializer_list<T> il );
(11) (C++11以上)

様々なソースから新しい数値配列を構築します。

1) デフォルトコンストラクタ。 空の数値配列を構築します。
2) 値初期化された要素の count 個のコピーを持つ数値配列を構築します。
3) valcount 個のコピーを持つ数値配列を構築します。
4) vals の指す配列から count 個の値をコピーした数値配列を構築します。 この配列が count 個より少ない値しか持たない場合、動作は未定義です。
5) コピーコンストラクタ。 other の内容のコピーを持つ数値配列を構築します。
6) ムーブコンストラクタ。 ムーブセマンティクスを用いて other の内容を持つ数値配列を構築します。
7-10) 変換コンストラクタ。 対応するデータ構造を valarray に変換します。
11) 初期化子リスト il の内容を持つ数値配列を構築します。

[編集] 引数

count - 構築する要素数
val - 要素を初期化するための値
vals - 内容を初期化するためのソースとして使用する C の配列へのポインタ
other - 内容を初期化するためのソースとして使用する別の数値配列
il - 要素を初期化するための初期化子リスト

[編集] 例外

1-5) (なし)
7-11) (なし)