名前空間
変種
操作

std::indirect_array

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | valarray
 
 
数値演算ライブラリ
一般的な数学関数
特殊な数学関数 (C++17)
数学定数 (C++20)
浮動小数点環境 (C++11)
複素数
数値配列
擬似乱数生成
コンパイル時有理数算術 (C++11)
数値演算アルゴリズム
(C++17)
(C++17)
補間
(C++20)
(C++20)
汎用の数値演算
(C++11)
(C++17)
ビット操作
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
 
 
 
ヘッダ <valarray> で定義
template< class T > class indirect_array;

std::indirect_arraystd::valarray<std::size_t> 引数を持つ valarray の添字演算子によって使用されるヘルパーテンプレートです。 間接配列 (std::valarray<std::size_t> オブジェクト) によって指定される配列の部分集合への参照の意味論を持ちます。

[編集] メンバ型

定義
value_type T

[編集] メンバ関数

indirect_array を構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
indirect_array を破棄します
(パブリックメンバ関数) [edit]
内容を代入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
関節配列によって参照される配列に対して算術演算を行います
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集]

#include <iostream>
#include <valarray>
 
int main()
{
    std::valarray<int> data = {0,1,2,3,4,5,6,7,8,9};
 
    std::valarray<std::size_t> idx = {0,2,4,6,8};
 
    std::cout << "Original valarray: ";
    for(int n: data) std::cout << n << ' ';
    std::cout << '\n';
 
    data[idx] += data[idx]; // double the values at indexes 'idx'
 
    // the type of data[idx] is std::indirect_array<int>
 
    std::cout << "After indirect modification: ";
    for(int n: data) std::cout << n << ' ';
    std::cout << '\n';
}

出力:

Original valarray: 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
After indirect modification: 0 1 4 3 8 5 12 7 16 9