名前空間
変種
操作

std::gslice_array

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | valarray
 
 
数値演算ライブラリ
一般的な数学関数
特殊な数学関数 (C++17)
数学定数 (C++20)
浮動小数点環境 (C++11)
複素数
数値配列
擬似乱数生成
コンパイル時有理数算術 (C++11)
数値演算アルゴリズム
(C++17)
(C++17)
補間
(C++20)
(C++20)
汎用の数値演算
(C++11)
(C++17)
ビット操作
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
 
 
 
ヘッダ <valarray> で定義
template< class T > class gslice_array;

std::gslice_arraystd::gslice の添字演算子によって使用されるヘルパーテンプレートです。 std::gslice オブジェクトによって指定される配列の部分集合への参照の意味論を持ちます。

目次

[編集] メンバ型

定義
value_type T

[編集] メンバ関数

gslice_array を構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
gslice_array を破棄します
(パブリックメンバ関数) [edit]
内容を代入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
一般スライスによって参照される配列に対して算術演算を行います
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集]

[編集] 関連項目

slice 適用後の valarray のサブセットへのプロキシ
(クラステンプレート) [edit]