名前空間
変種
操作

std::end(std::valarray)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | valarray
 
 
数値演算ライブラリ
一般的な数学関数
特殊な数学関数 (C++17)
数学定数 (C++20)
浮動小数点環境 (C++11)
複素数
数値配列
擬似乱数生成
コンパイル時有理数算術 (C++11)
数値演算アルゴリズム
(C++17)
(C++17)
補間
(C++20)
(C++20)
汎用の数値演算
(C++11)
(C++17)
ビット操作
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
 
 
template< class T >
/*unspecified1*/ end( valarray<T>& v );
(1) (C++11以上)
template< class T >
/*unspecified2*/ end( const valarray<T>& v );
(2) (C++11以上)

std::endvalarray に対するオーバーロードは数値配列内の最後の要素の次を参照する未規定な型のイテレータを返します。

1) 戻り値の型は可変 LegacyRandomAccessIterator の要件を満たします。
2) 戻り値の型は定数 LegacyRandomAccessIterator の要件を満たします。

この関数テンプレートから取得したイテレータは、メンバ関数 resize() が呼ばれたとき、または v の生存期間が終了したとき (いずれか先に発生した方) に無効化されます。

目次

[編集] 引数

v - 数値配列

[編集] 戻り値

数値配列内の最後の要素の次へのイテレータ。

[編集] 例外

(なし)

[編集] ノート

std::valarray 引数を取る他の関数と異なり、 end() は valarray に作用する式から返されることがある置換型 (式テンプレートによって生成された型など) を受理できません。 std::end(v1 + v2) は移植性がなく、代わりに std::end(std::valarray<T>(v1 + v2)) を使用する必要があります。

この関数の意図はコンテナのセマンティクスを提供することではなく、 valarray を範囲 for ループで使用できるようにすることです。

[編集]

[編集] 関連項目

std::begin の特殊化
(関数テンプレート) [edit]