名前空間
変種
操作

std::uniform_real_distribution<RealType>::uniform_real_distribution

提供: cppreference.com
 
 
数値演算ライブラリ
一般的な数学関数
数学の特殊関数 (C++17)
数学定数 (C++20)
浮動小数点環境 (C++11)
複素数
数値配列
擬似乱数生成
コンパイル時有理数算術 (C++11)
数値演算アルゴリズム
(C++17)
(C++17)
補間
(C++20)
(C++20)
汎用の数値演算
(C++11)
(C++17)
ビット操作
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
 
擬似乱数生成
一様ランダムビットジェネレータ
エンジンとエンジンアダプタ
非決定的なジェネレータ
分布
一様分布
ベルヌーイ分布
ポアソン分布
正規分布
標本分布
シードシーケンス
(C++11)
C のライブラリ
 
 
uniform_real_distribution() : uniform_real_distribution(0.0) { }
(1) (C++11以上)
explicit uniform_real_distribution( RealType a, RealType b = 1.0 );
(1) (C++11以上)
explicit uniform_real_distribution( const param_type& params );
(2) (C++11以上)

新しい分布オブジェクトを構築します。 (2) は分布のパラメータとして ab を使用し、 (3) は分布のパラメータとして params を使用します。

[編集] 引数

a - 分布のパラメータ a (最小値)
b - 分布のパラメータ b (最大値)
params - 分布のパラメータセット

[編集] ノート

a ≤ b かつ b-a ≤ std::numeric_limits<RealType>::max() であることが要求されます。

a == b の場合、 operator()param_type オブジェクトを取らないオーバーロードの呼び出しは未定義動作になります。

閉区間 [a,b] の分布を作成するためには、第2引数に std::nextafter(b, std::numeric_limits<RealType>::max()) を使用することができます。

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
P0935R0 C++11 default constructor was explicit made implicit