名前空間
変種
操作

operator<<,>>(std::subtract_with_carry_engine)

提供: cppreference.com
 
 
 
擬似乱数生成
一様ランダムビットジェネレータ
エンジンとエンジンアダプタ
非決定的なジェネレータ
分布
一様分布
ベルヌーイ分布
ポアソン分布
正規分布
標本分布
シードシーケンス
(C++11)
C のライブラリ
 
 
template< class CharT, class Traits,

          class UIntType, size_t w, size_t s, size_t r >
std::basic_ostream<CharT,Traits>&
    operator<<( std::basic_ostream<CharT,Traits>& ost,

                const std::subtract_with_carry_engine<UIntType,w,s,r>& e );
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class CharT, class Traits,

          class UIntType, size_t w, size_t s, size_t r >
std::basic_istream<CharT,Traits>&
    operator>>( std::basic_istream<CharT,Traits>& ist,

                std::subtract_with_carry_engine<UIntType,w,s,r>& e );
(2) (C++11およびそれ以降)
1) 擬似乱数エンジン e の内部状態を、1個以上の空白で区切られた10進数の並びとしてシリアライズし、それをストリーム ost に挿入します。 ストリームのフィル文字および書式フラグは無視され、影響を受けません。
2) 同じロケールが設定された同じ CharT および Traits のストリームを使用して以前に operator<< を呼んで作成されたシリアライズ表現から、擬似乱数エンジン e の内部状態を復元します。 入力がデシリアライズできない場合、 e は変更されず、 istfailbit がセットされます。

os << x を使用してテキスト表現が書き込まれ、同じ型の同じまたは別のオブジェクト yis >> y を使用してその表現が復元された場合、 x==y になります。

テキスト表現は、 os.fmtflagsios_base::dec|ios_base::left に、フィル文字を空白文字に設定して書き込まれます。 エンジンの内部状態のテキスト表現は、空白で区切られた10進数の集合です。

目次

[編集] 引数

ost - データを挿入する出力ストリーム
ist - データを抽出する入力ストリーム
e - 擬似乱数エンジン

[編集] 戻り値

1) ost
2) ist

[編集] 計算量

[編集] 例外

1) (なし)
2) failbit をセットしたときに std::ios::failure を投げるかもしれません。