名前空間
変種
操作

std::shuffle_order_engine::seed

提供: cppreference.com
 
 
 
擬似乱数生成
一様ランダムビットジェネレータ
エンジンとエンジンアダプタ
非決定的なジェネレータ
分布
一様分布
ベルヌーイ分布
ポアソン分布
正規分布
標本分布
シードシーケンス
(C++11)
C のライブラリ
 
 
void seed();
(1) (C++11およびそれ以降)
void seed( result_type value );
(2) (C++11およびそれ以降)
template< class Sseq >
void seed( Sseq& seq );
(3) (C++11およびそれ以降)

新しいシード値を使用してベースとなるエンジンの状態を再初期化します。

1) デフォルトのシード値を使用してベースとなるエンジンをシードします。 実質的に e.seed() を呼びます (e はベースとなるエンジンです)。
2) シード値 s を使用してベースとなるエンジンをシードします。 実質的に e.seed(value) を呼びます (e はベースとなるエンジンです)。
3) シードシーケンス seq を使用してベースとなるエンジンをシードします。 実質的に e.seed(seq) を呼びます (e はベースとなるエンジンです)。 このテンプレートは、 SseqSeedSequence を満たす場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 特に、 Sseqresult_type に暗黙に変換可能であれば、このテンプレートはオーバーロード解決に参加しません。

[編集] 引数

value - ベースとなるエンジンの内部状態の初期化で使用するためのシード値
seq - ベースとなるエンジンの内部状態の初期化で使用するためのシードシーケンス

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

(なし)