名前空間
変種
操作

std::shuffle_order_engine

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | random
 
 
 
擬似乱数生成
一様ランダムビットジェネレータ
エンジンとエンジンアダプタ
shuffle_order_engine
(C++11)
非決定的なジェネレータ
分布
一様分布
ベルヌーイ分布
ポアソン分布
正規分布
標本分布
シードシーケンス
(C++11)
C のライブラリ
 
 
ヘッダ <random> で定義
template<

    class Engine,
    std::size_t K

> class shuffle_order_engine;
(C++11およびそれ以降)

shuffle_order_engine はベースのエンジンから生成される乱数をシャッフルする乱数エンジンアダプタです。 サイズ K のテーブルを管理し、要求されたときそのテーブルからランダムに選択された数値を、ベースのエンジンから生成された数値で置き換えながら、供給します。

以下の typedef は一般的に使用されるパラメータセットを使用して乱数エンジンを定義します。

ヘッダ <random> で定義
定義
knuth_b std::shuffle_order_engine<std::minstd_rand0, 256>[edit]

目次

[編集] テンプレート引数

Engine - ラップするエンジンの型
K - 内部テーブルのサイズ。 0 より大きくなければなりません
型の要件
-
EngineRandomNumberEngine の要件を満たさなければなりません。

[編集] メンバ型

メンバ型 定義
result_type Engine::result_type

[編集] メンバ関数

エンジンアダプタを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ベースとなるエンジンの状態を設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ベースとなるエンジンを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
生成
ベースとなるエンジンの状態を進めて生成された値を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
指定された量だけアダプタの状態を進めます
(パブリックメンバ関数) [edit]
特性
[static]
ベースとなるエンジンの出力範囲の有り得る最小の値を取得します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
[static]
ベースとなるエンジンの

出力範囲の有り得る最大値を取得します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

アダプタおよびベースとなるエンジンの内部状態を比較します
(関数) [edit]
擬似乱数エンジンアダプタに対してストリーム入出力を行います
(関数) [edit]

[編集] メンバオブジェクト

constexpr size_t table_size
[static]
内部テーブルのサイズ K
(パブリック静的メンバ定数)