名前空間
変種
操作

std::discard_block_engine

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | random
 
 
 
擬似乱数生成
一様ランダムビットジェネレータ
エンジンとエンジンアダプタ
discard_block_engine
(C++11)
非決定的なジェネレータ
分布
一様分布
ベルヌーイ分布
ポアソン分布
正規分布
標本分布
シードシーケンス
(C++11)
C のライブラリ
 
 
ヘッダ <random> で定義
template<

    class Engine,
    size_t P, size_t R

> class discard_block_engine;
(C++11およびそれ以降)

discard_block_engine はベースのエンジンから生成されるデータを一定量破棄する擬似乱数ジェネレータのアダプタです。 ベースのエンジンから生成されるサイズ P のブロックごとに、アダプタは R 個の数値のみを維持し、残りを破棄します。

目次

[編集] テンプレート引数

Engine - ラップするエンジンの型
P - ブロックのサイズ。 0 より大きくなければなりません
R - ブロックごとの使用する数値の数。 0 より大きく P 以下でなければなりません
型の要件
-
EngineRandomNumberEngine の要件を満たさなければなりません。

[編集] メンバ型

メンバ型 定義
result_type Engine::result_type

[編集] メンバ関数

エンジンアダプタを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ベースとなるエンジンの状態を設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ベースとなるエンジンを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
生成
ベースとなるエンジンの状態を進めて生成された値を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
指定された量だけアダプタの状態を進めます
(パブリックメンバ関数) [edit]
特性
[static]
ベースとなるエンジンの出力範囲の有り得る最小の値を取得します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
[static]
ベースとなるエンジンの

出力範囲の有り得る最大値を取得します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

アダプタおよびベースとなるエンジンの内部状態を比較します
(関数) [edit]
擬似乱数エンジンアダプタに対してストリーム入出力を行います
(関数) [edit]

[編集] メンバオブジェクト

constexpr size_t block_size
[static]
ブロックのサイズ P
(パブリック静的メンバ定数)
constexpr size_t used_size
[static]
ブロックごとの使用する数値の数 R
(パブリック静的メンバ定数)