名前空間
変種
操作

std::log2p1

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric
ヘッダ <bit> で定義
template< class T >
constexpr T log2p1(T x) noexcept;
(C++20以上)

x がゼロでなければ、値 x を格納するために必要なビット数、つまり 1 + floor(log
2
(x))
を計算します。 x がゼロであればゼロを返します。

このオーバーロードは、T が符号なし整数型 (つまり unsigned char, unsigned short, unsigned int, unsigned long, unsigned long long または拡張符号なし整数型) である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

目次

[編集] 戻り値

x がゼロであればゼロ、そうでなければ2を底とする x の対数の小数点以下を切り捨てて1を加えた値。

[編集] ノート

この関数は return std::numeric_limits<T>::digits - std::countl_zero(x); と同等です。

[編集]

[編集] 関連項目

最上位ビットから連続する0のビットの数を数えます
(関数テンプレート) [edit]