名前空間
変種
操作

std::feraiseexcept

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | fenv
 
 
 
 
ヘッダ <cfenv> で定義
int feraiseexcept( int excepts );
(C++11以上)

excepts (浮動小数点例外マクロのビット単位の論理和) で指定されたすべての浮動小数点例外の発生を試みます。 例外のひとつが FE_OVERFLOW または FE_UNDERFLOW の場合、この関数は FE_INEXACT を追加で発生させるかもしれません。 例外が発生する順序は未規定です。 ただし FE_OVERFLOW および FE_UNDERFLOW は必ず FE_INEXACT より前に発生します。

目次

[編集] 引数

excepts - 発生させる例外フラグを指定するビットマスク

[編集] 戻り値

指定された例外がすべて発生した場合は 0、そうでなければ非ゼロの値。

[編集]

#include <iostream>
#include <cfenv>
 
#pragma STDC FENV_ACCESS ON
 
int main()
{
    std::feclearexcept(FE_ALL_EXCEPT);
    int r = std::feraiseexcept(FE_UNDERFLOW | FE_DIVBYZERO);
    std::cout <<  "Raising divbyzero and underflow simultaneously "
              << (r?"fails":"succeeds") << " and results in\n";
    int e = std::fetestexcept(FE_ALL_EXCEPT);
    if (e & FE_DIVBYZERO) {
        std::cout << "division by zero\n";
    }
    if (e & FE_INEXACT) {
        std::cout << "inexact\n";
    }
    if (e & FE_INVALID) {
        std::cout << "invalid\n";
    }
    if (e & FE_UNDERFLOW) {
        std::cout << "underflow\n";
    }
    if (e & FE_OVERFLOW) {
        std::cout << "overflow\n";
    }
}

出力:

Raising divbyzero and underflow simultaneously succeeds and results in
division by zero
underflow

[編集] 関連項目

指定された浮動小数点ステータスフラグをクリアします
(関数) [edit]
指定された浮動小数点ステータスフラグのいずれが設定されているか調べます
(関数) [edit]
feraiseexceptC言語リファレンス