名前空間
変種
操作

std::fegetenv, std::fesetenv

提供: cppreference.com
< cpp‎ | numeric‎ | fenv
 
 
 
 
ヘッダ <cfenv> で定義
int fegetenv( std::fenv_t* envp )
(1) (C++11以上)
int fesetenv( const std::fenv_t* envp );
(2) (C++11以上)

浮動小数点環境のステータスを管理します。

1) 浮動小数点環境のステータスの envp が指すオブジェクトへの格納を試みます。
2) envp が指すオブジェクトから浮動小数点環境の確立を試みます。 このオブジェクトの値は std::feholdexcept または std::fegetenv の呼び出しで以前に取得したものか、浮動小数点マクロ定数でなければなりません。 浮動小数点ステータスフラグのいずれかが envp に設定されている場合、それらは環境に設定され (そして std::fetestexcept で確認できるようになり) ますが、対応する浮動小数点例外は発生しません (割り込まれることなく実行が継続します)。

[編集] 引数

envp - 浮動小数点環境のステータスを保持する std::fenv_t 型のオブジェクトを指すポインタ

[編集] 戻り値

成功した場合は 0、そうでなければ非ゼロ。

[編集] 関連項目

環境を保存し、すべてのステータスフラグをクリアし、今後のすべてのエラーを無視します
(関数) [edit]
浮動小数点環境を復元し、以前に発生した例外を発生させます
(関数) [edit]
デフォルトの浮動小数点環境
(マクロ定数) [edit]
fegetenv, fesetenvC言語リファレンス