名前空間
変種
操作

名前付き要件: TransformationTrait

提供: cppreference.com
< cpp‎ | named req
 
 
名前付き要件
基本
レイアウト
ライブラリ全体
コンテナ
コンテナの要素
イテレータ
ストリーム入出力
乱数
並行処理
(C++11)

(C++11)
(C++11)
その他
TransformationTrait
(C++11)
(C++11)
 

TransformationTrait はテンプレート型引数の変換を提供するクラステンプレートです。

[編集] 要件

  • 1つのテンプレート型引数を取る (追加のテンプレート型引数はオプショナルで許容されます)
  • 変換後の型はパブリックにアクセス可能な type という名前のネストした型である

[編集] 標準ライブラリ

型変更および型変換はすべて TransformationTrait を満たします。

以下の標準ライブラリのクラステンプレートも TransformationTrait を満たします。

指定された要素の型を取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
pair の要素の型を取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
array の要素の型を取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
インデックスで指定された選択肢の型をコンパイル時に取得します
(クラステンプレート) (エイリアステンプレート) [edit]