名前空間
変種
操作

名前付き要件: Clock

提供: cppreference.com
< cpp‎ | named req
 
 
名前付き要件
基本
レイアウト
ライブラリ全体
コンテナ
コンテナの要素
イテレータ
ストリーム入出力
乱数
並行処理
(C++11)

(C++11)
(C++11)
その他
Clock
(C++11)
 

Clock 要件は std::chrono::durationstd::chrono::time_point、および現在の time_point を取得するための関数 now() から構成されるバンドルを記述します。 clock の time_point の起源は clock のエポックとして参照されます。

[編集] 要件

C1 および C2 は時計の型を表します。 t1 および t2C1::now() によって返される値です。 ただし t1 を返す呼び出しは t2 を返す呼び出しより前に発生し、それらの呼び出しはどちらも C1::time_point::max() より前に発生します。

戻り値の型 操作的意味論
C1::rep 算術型または算術型をエミュレートするクラス C1::duration の表現型
C1::period std::ratio の特殊化 時計の刻み間隔 (秒)
C1::duration std::chrono::duration<C1::rep, C1::period> 時計の時間の型
C1::time_point std::chrono::time_point<C1> または std::chrono::time_point<C2, C1::duration> 時計の std::chrono::time_point 型。 C1 と C2 は同じエポックを参照するものとします。
C1::is_steady const bool t1 <= t2 が常に true であり、時計の刻みの間の時間が一定であれば true、そうでなければ false
C1::now() C1::time_point 時の現在点を表す time_point オブジェクトを返します。