名前空間
変種
操作

std::uses_allocator_construction_args

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory
 
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
uses_allocator_construction_args
(C++20)
メモリリソース
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory> で定義
T が std::pair の特殊化でない場合
template< class T, class Alloc, class... Args >

constexpr std::tuple</*see below*/> uses_allocator_construction_args(

    const Alloc& alloc, Args&&... args) noexcept;
(1) (C++20以上)
T が std::pair の特殊化である場合
template< class T, class Alloc, class Tuple1, class Tuple2 >

constexpr std::tuple</*see below*/> uses_allocator_construction_args(

    const Alloc& alloc, std::piecewise_construct_t, Tuple1&& x, Tuple2&& y) noexcept;
(2) (C++20以上)
template< class T, class Alloc >

constexpr std::tuple</*see below*/> uses_allocator_construction_args(

    const Alloc& alloc ) noexcept;
(3) (C++20以上)
template< class T, class Alloc, class U, class V >

constexpr std::tuple</*see below*/> uses_allocator_construction_args(

    const Alloc& alloc, U&& u, V&& v) noexcept;
(4) (C++20以上)
template< class T, class Alloc, class U, class V >

constexpr std::tuple</*see below*/> uses_allocator_construction_args(

    const Alloc& alloc, const std::pair<U,V>& pr) noexcept;
(5) (C++20以上)
template< class T, class Alloc, class U, class V >

constexpr std::tuple</*see below*/> uses_allocator_construction_args(

    const Alloc& alloc, std::pair<U,V>&& pr) noexcept;
(6) (C++20以上)

アロケータ使用構築の手法によって指定された型 T のオブジェクトを作成するために必要な引数リストを準備します。

1) このオーバーロードは、T が std::pair の特殊化でない場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 以下のように決定される std::tuple を返します。
2) このオーバーロードは、T が std::pair の特殊化である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 T = std::pair<T1, T2> に対して、以下と同等です。
return std::make_tuple( std::piecewise_construct,
    std::apply( [&alloc](auto&&... args1) {
            return std::uses_allocator_construction_args<T1>( alloc,
                       std::forward<decltype(args1)>(args1)...);
        }, std::forward<Tuple1>(x)),
    std::apply( [&alloc](auto&&... args2) {
            return std::uses_allocator_construction_args<T2>( alloc,
                    std::forward<decltype(args2)>(args2)...);
        }, std::forward<Tuple2>(y))
    );
3) このオーバーロードは、T が std::pairの特殊化である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 以下と同等です。
return std::uses_allocator_construction_args<T>(alloc,
    std::piecewise_construct, std::tuple<>{}, std::tuple<>{}
);
4) このオーバーロードは、T が std::pair の特殊化である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 以下と同等です。
return std::uses_allocator_construction_args<T>( alloc,
    std::piecewise_construct,
    std::forward_as_tuple(std::forward<U>(u)),
    std::forward_as_tuple(std::forward<V>(v))
);
5) このオーバーロードは、T が std::pair の特殊化である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 以下と同等です。
return std::uses_allocator_construction_args<T>( alloc,
    std::piecewise_construct,
    std::forward_as_tuple(pr.first),
    std::forward_as_tuple(pr.second)
);
6) このオーバーロードは、T が std::pair の特殊化である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。 以下と同等です。
return std::uses_allocator_construction_args<T>( alloc,
    std::piecewise_construct,
    std::forward_as_tuple(std::move(pr).first),
    std::forward_as_tuple(std::move(pr).second));

目次

[編集] 引数

alloc - 使用するアロケータ
args - T のコンストラクタに渡す引数
x - T の .first のコンストラクタに渡す引数のタプル
y - T の .second のコンストラクタに渡す引数のタプル
u - T の .first のコンストラクタに渡す単一の引数
v - T の .second のコンストラクタに渡す単一の引数
pr - .first が T の .first のコンストラクタに渡され .second が T の .second のコンストラクタに渡されるペア

[編集] 戻り値

T のコンストラクタに渡すのに適した引数の std::tuple

[編集]

[編集] ノート

オーバーロード (2-6)std::pair へのアロケータの伝播を提供します。 std::pair は (std::tuple などとは異なり) 先頭アロケータ呼び出し規約と末尾アロケータ呼び出し規約のいずれもサポートしません。

[編集] 関連項目

指定された型がアロケータ使用構築をサポートしているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
アロケータ使用構築の手法によって指定された型のオブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]
アロケータ使用構築の手法によって指定されたメモリ位置に指定された型のオブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]