名前空間
変種
操作

std::pmr::unsynchronized_pool_resource::do_allocate

提供: cppreference.com
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
virtual void* do_allocate(std::size_t bytes, std::size_t alignment);
(C++17以上)

記憶域を確保します。

サイズ bytes のブロックのために選択されたプールがその内部データ構造から要求を満たすことができなければ、メモリを取得するために上流メモリリソースの allocate() を呼びます。

要求されたサイズが最も大きなプールが処理できるサイズよりも大きい場合、メモリは上流メモリリソースの allocate() を呼ぶことによって確保されます。

[編集] 戻り値

そのようなアライメントがサポートされていれば指定された alignment に、そうでなければ alignof(std::max_align_t) にアラインされた、少なくとも bytes バイトのサイズの、確保された記憶域を指すポインタ。

[編集] 例外

上流メモリリソースの allocate() の呼び出しが投げなければ何も投げません。

[編集] 関連項目

メモリを確保します
(std::pmr::memory_resourceのパブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
メモリを確保します
(std::pmr::memory_resourceの仮想プライベートメンバ関数) [edit]