名前空間
変種
操作

std::unique_ptr::operator=

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory‎ | unique ptr
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
プライマリテンプレート unique_ptr<T> のメンバ
unique_ptr& operator=( unique_ptr&& r ) noexcept;
(1)
template< class U, class E >
unique_ptr& operator=( unique_ptr<U,E>&& r ) noexcept;
(1)
unique_ptr& operator=( nullptr_t ) noexcept;
(2)
配列に対する特殊化 unique_ptr<T[]> のメンバ
unique_ptr& operator=( unique_ptr&& r ) noexcept;
(1)
template< class U, class E >
unique_ptr& operator=( unique_ptr<U,E>&& r ) noexcept;
(1) (C++17およびそれ以降)
unique_ptr& operator=( nullptr_t ) noexcept;
(2)
1) reset(r.release()) を呼んだかのように r から *this に所有権を転送し、その後 std::forward<E>(r.get_deleter()) から get_deleter() の代入を行います。

Deleter が参照型でない場合、それは nothrow-MoveAssignable であることが要求されます。
Deleter が参照型の場合、 std::remove_reference<Deleter>::type は nothrow-CopyAssignable であることが要求されます。
このテンプレート版の代入演算子は、 U が配列型でなく、 unique_ptr<U,E>::pointerpointer に暗黙に変換可能であり、std::is_assignable<Deleter&, E&&>::valuetrue (C++17およびそれ以降)である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

配列に対する特殊化 std::unique_ptr<T[]> におけるテンプレート版の代入演算子は、プライマリテンプレートと同じように動作しますが、以下の条件がすべて真の場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

  • U が配列型である
  • pointerelement_type* と同じ型である
  • unique_ptr<U,E>::pointerunique_ptr<U,E>::element_type* と同じ型である
  • unique_ptr<U,E>::element_type(*)[]element_type(*)[] に変換可能である
  • std::is_assignable<Deleter&, E&&>::valuetrue である
(C++17およびそれ以降)
2) 実質的に reset() を呼ぶのと同じです

unique_ptr の代入演算子は右辺値のみを受け取ることに注意してください。 これは通常 std::move により生成されます (unique_ptr クラスは左辺値のコピーコンストラクタや左辺値の代入演算子を明示的に削除しています)。

[編集] 引数

r - 所有権を転送するスマートポインタ

[編集] 戻り値

*this

[編集]

#include <iostream>
#include <memory>
 
struct Foo {
    Foo() { std::cout << "Foo\n"; }
    ~Foo() { std::cout << "~Foo\n"; }
};
 
int main() 
{
    std::unique_ptr<Foo> p1;
 
    {
        std::cout << "Creating new Foo...\n";
        std::unique_ptr<Foo> p2( std::make_unique<Foo>() );
        // p1 = p2; // Error ! can't copy unique_ptr
        p1 = std::move(p2);
        std::cout << "About to leave inner block...\n";
 
        // Foo instance will continue to live, 
        // despite p2 going out of scope
    }
 
    std::cout << "About to leave program...\n";
}

出力:

Creating new Foo...
Foo
About to leave inner block...
About to leave program...
~Foo