名前空間
変種
操作

std::uninitialized_value_construct

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
uninitialized_value_construct
(C++17)
(C++17)
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory> で定義
template< class ForwardIt >
void uninitialized_value_construct( ForwardIt first, ForwardIt last);
(1) (C++17およびそれ以降)
template< class ExecutionPolicy, class ForwardIt >
void uninitialized_value_construct( ExecutionPolicy&& policy, ForwardIt first, ForwardIt last );
(2) (C++17およびそれ以降)
1) 以下のように行われたかのように、範囲 [first, last) によって指定される未初期化記憶域内に typename iterator_traits<ForwardIt>::value_type 型のオブジェクトを値初期化によって構築します。
for (; first != last; ++first)
  ::new (static_cast<void*>(std::addressof(*first)))
      typename std::iterator_traits<ForwardIt>::value_type();
初期化中に例外が発生した場合、この関数は効果を持ちません。
2) (1) と同じですが、 policy に従って実行されます。 このオーバーロードは、 std::is_execution_policy_v<std::decay_t<ExecutionPolicy>> が true でなければ、オーバーロード解決に参加しません。

目次

[編集] 引数

first, last - 初期化する要素の範囲
policy - 使用する実行ポリシー。 詳細は実行ポリシーを参照してください
型の要件
-
ForwardItForwardIterator の要件を満たさなければなりません。
-
ForwardIt の有効なインスタンスのインクリメント、代入、比較、間接参照は例外を投げてはなりません。

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 計算量

firstlast の距離に比例。

[編集] 例外

テンプレート引数 ExecutionPolicy を持つオーバーロードは以下のようにエラーを報告します。

  • アルゴリズムの一部として呼び出された関数の実行が例外を投げ、 ExecutionPolicy が3つの標準のポリシーのいずれかの場合は、 std::terminate が呼ばれます。 それ以外のあらゆる ExecutionPolicy については、動作は処理系定義です。
  • アルゴリズムがメモリの確保に失敗した場合は、 std::bad_alloc が投げられます。

[編集] 実装例

template<class ForwardIt>
void uninitialized_value_construct(ForwardIt first, ForwardIt last)
{
    using Value = typename std::iterator_traits<ForwardIt>::value_type;
    ForwardIt current = first;
    try {
        for (; current != last; ++current) {
            ::new (static_cast<void*>(std::addressof(*current))) Value();
        }
    } catch (...) {
        std::destroy(first, current);
        throw;
    }
}

[編集]

[編集] 関連項目

オブジェクトを値初期化によりメモリの未初期化領域に指定個数構築します
(関数テンプレート) [edit]
オブジェクトをデフォルト初期化によりメモリの未初期化領域の指定範囲に構築します
(関数テンプレート) [edit]