名前空間
変種
操作

std::shared_ptr::operator*, std::shared_ptr::operator->

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory‎ | shared ptr
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
T& operator*() const noexcept;
(1) (C++11およびそれ以降)
T* operator->() const noexcept;
(2) (C++11およびそれ以降)

格納されているポインタを逆参照します。 格納されているポインタがヌルの場合、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

1) 格納されているポインタを逆参照した結果、すなわち *get()
2) 格納されているポインタ、すなわち get()

[編集] ノート

Tvoid (またはその cv 修飾された型) のとき、関数 (1) が宣言されるかどうかは未規定です。

T が配列型のとき、これらのメンバ関数が宣言されるかどうかは未規定です。

(C++17およびそれ以降)

未規定であるにも関わらず、これらの関数が宣言される場合、その戻り値の型が何であるかは未規定ですが、その宣言が合法であることは保証されています (定義がそうである保証はありません)。 これにより std::shared_ptr<void> を実体化することが可能となります。

[編集]

#include <iostream>
#include <memory>
 
struct Foo
{
   Foo(int in) : a(in) {}
   void print() const
   {
      std::cout << "a = " << a << '\n';
   }
   int a;
};
 
int main()
{
   auto ptr = std::make_shared<Foo>(10);
   ptr->print();
   (*ptr).print();
}

出力:

a = 10
a = 10

[編集] 関連項目

格納されているポインタを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]