名前空間
変種
操作

std::scoped_allocator_adaptor<OuterAlloc,InnerAlloc...>::destroy

提供: cppreference.com
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
ヘッダ <scoped_allocator> で定義
template< class T >
void destroy( T* p );
(C++11以上)

以下を呼ぶことによって、 p の指すオブジェクトのデストラクタを呼ぶために外側のアロケータを使用します。

std::allocator_traits<OUTERMOST>::destroy(OUTERMOST(*this), p)

ただし OUTERMOST は、 this->outer_allocator() を呼び、さらにそのようなメンバ関数を持たない型に達するまでこの呼び出しの結果に対して再帰的に outer_allocator() メンバ関数を呼ぶことによって、返されるであろう型です。

[編集] 引数

p - 破棄されようとしているオブジェクトを指すポインタ

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 関連項目

[静的]
確保された記憶域に格納されているオブジェクトを破棄します
(関数テンプレート) [edit]
(C++17で非推奨)(C++20で削除)
確保された記憶域内のオブジェクトを破棄します
(std::allocator<T>のパブリックメンバ関数) [edit]