名前空間
変種
操作

std::pmr::pool_options

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory
 
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
pmr::pool_options
(C++17)
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory_resource> で定義
struct pool_options;
(C++17以上)

std::pmr::pool_optionsstd::pmr::synchronized_pool_resourcestd::pmr::unsynchronized_pool_resource などのプールリソースのためのコンストラクタオプションの集合です。

[編集] データメンバ

メンバ 意味
std::size_t max_blocks_per_chunk;
プールを再充填するために上流の std::pmr::memory_resource から一度に確保する最大ブロック数。 max_blocks_per_chunk の値がゼロまたは処理系定義の制限値より大きい場合は、その制限値が代わりに使用されます。 処理系はこのフィールドで指定されたよりも小さな値を使用することを選ぶかもしれませんし、異なるプールに対して異なる値を使用するかもしれません。
std::size_t largest_required_pool_block;
プールの仕組みを用いて満たすことが要求される最大確保サイズ。 この閾値より大きな単一のブロックの確保を試みると上流の std::pmr::memory_resource から直接確保されます。 largest_required_pool_block がゼロまたは処理系定義の制限値より大きい場合は、その制限値が代わりに使用されます。 処理系はこのフィールドで指定されたよりも大きなパススルー閾値を選ぶかもしれません。


[編集] 関連項目

様々なブロックサイズのプールでメモリ確保を管理するスレッドセーフな std::pmr::memory_resource
(クラス) [edit]
様々なブロックサイズのプールでメモリ確保を管理するスレッドセーフでない std::pmr::memory_resource
(クラス) [edit]