名前空間
変種
操作

std::pointer_traits<Ptr>::to_address

提供: cppreference.com
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
未初期化記憶域
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
ヘッダ <memory> で定義
static element_type* to_address(pointer p) noexcept;
(1) (C++20以上)
(ユーザ定義の特殊化のオプショナルなメンバ)

ポインタライク (「ファンシーポインタ」) の引数と同じオブジェクトを参照する生のポインタを構築します。

この関数は、定義されていれば、 pointer_to の逆です。 std::to_address によって呼ばれるカスタマイゼーションポイントとして存在します。

[編集] 引数

p - ファンシーポインタまたはポインタライクなオブジェクト

[編集] 戻り値

引数 p と同じメモリ位置を参照する element_type* 型の生ポインタ。

[編集] 関連項目

[静的]
引数を指す逆参照可能なポインタを取得します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
ポインタライクな型から生のポインタを取得します
(関数テンプレート) [edit]