名前空間
変種
操作

std::pointer_safety

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
pointer_safety
(C++11)
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory> で定義
enum class pointer_safety {

     relaxed,
     preferred,
     strict

};
(C++11およびそれ以降)

スコープ付き列挙型 pointer_safety は C++ でサポートされるポインタ安全性モデルを表します。

[編集] 列挙定数

pointer_safety::strict 安全に派生したポインタ (new で確保されたポインタまたはその部分オブジェクトを指すポインタ) のみが逆参照または解放できます。 ガベージコレクタがアクティブかもしれません。
pointer_safety::preferred すべてのポインタは有効であるとみなされ、逆参照または解放できます。 到達可能性ベースのリーク検出ツールがアクティブかもしれません。
pointer_safety::relaxed すべてのポインタが有効であるとみなされ、逆参照または解放できます。

[編集] 関連項目

現在のポインタ安全性モデルを返します
(関数) [edit]