名前空間
変種
操作

std::get_pointer_safety

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
get_pointer_safety
(C++11)
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory> で定義
std::pointer_safety get_pointer_safety() noexcept;
(C++11およびそれ以降)

処理系定義のポインタ安全性モデル (std::pointer_safety 型の値) を取得します。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

この処理系によって使用されるポインタ安全性モデル。

[編集]

#include <iostream>
#include <memory>
 
int main()
{
    std::cout << "Pointer safety: ";
    switch (std::get_pointer_safety()) {
        case std::pointer_safety::strict:    std::cout << "strict\n"; break;
        case std::pointer_safety::preferred: std::cout << "preferred\n"; break;
        case std::pointer_safety::relaxed:   std::cout << "relaxed\n"; break;
    }
}

出力例:

Pointer safety: relaxed

[編集] 関連項目

ポインタ安全性モデルを表します
(列挙) [edit]