名前空間
変種
操作

std::declare_no_pointers

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
declare_no_pointers
(C++11)
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory> で定義
void declare_no_pointers( char *p, std::size_t n );
(C++11およびそれ以降)

指定したメモリ領域 (p の指すバイトから始まる n バイト) が追跡可能なポインタを含まないことをガベージコレクタやリーク検出ツールに知らせます。 その領域の任意の部分が確保されたオブジェクト内の場合、その領域全体がその同じオブジェクト内に含まれなければなりません。

目次

[編集] 引数

p - 範囲の先頭を指すポインタ
n - 範囲のバイト数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

(なし)

[編集]

[編集] 関連項目

std::declare_no_pointers の効果を取り消します
(関数) [edit]