名前空間
変種
操作

std::allocator_traits::select_on_container_copy_construction

提供: cppreference.com
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
ヘッダ <memory> で定義
static Alloc select_on_container_copy_construction( const Alloc& a );
(C++11以上)

可能であれば、 a.select_on_container_copy_construction() を呼ぶことによって、アロケータ a のコピー構築されたバージョンを取得します。 上記が可能でなければ (a がメンバ関数 select_on_container_copy_construction() を持たないなど)、 a を変更せずに返します。

この関数はすべての標準ライブラリのコンテナのコピーコンストラクタによって呼ばれます。 コンストラクタの引数によって使用されるアロケータが必要に応じてコンテナが状態をコピーおよび変更していることを知れるようにします。

[編集] 引数

a - コンテナのコピーコンストラクタに引数として渡された標準コンテナによって使用されるアロケータ


[編集] 戻り値

コピー構築された標準コンテナによって使用するためのアロケータ。

[編集] 関連項目

scoped_allocator_adaptor およびそのすべてのアロケータの状態をコピーします
(std::scoped_allocator_adaptorのパブリックメンバ関数) [edit]