名前空間
変種
操作

std::allocator_arg

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory

 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
ヘッダ <memory> で定義
constexpr std::allocator_arg_t allocator_arg = std::allocator_arg_t();
(C++11およびそれ以降)
std::allocator_arg型の定数ですstd::allocator_arg_t、呼び出しサイトで、そのようなstd::tupleとしてアロケータ対応オブジェクトのコンストラクタとメンバ関数のオーバーロードを明確にするために使用、std::functionstd::promise、とstd::packaged_task.
Original:
std::allocator_arg is a constant of type std::allocator_arg_t used to disambiguate, at call site, the overloads of the constructors and member functions of allocator-aware objects, such as std::tuple, std::function, std::promise, and std::packaged_task.
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

[編集] 参照

アロケータ対応のコンストラクタのオーバーロードを選択するために使用されるタグ型
(クラス) [edit]
指定された型が uses-allocator 構築をサポートしているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]