名前空間
変種
操作

std::allocator<T>::deallocate

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory‎ | allocator
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
std::allocator
メンバ関数
(C++20未満)
allocator::deallocate
(C++20未満)
(C++20未満)
非メンバ関数
 
void deallocate( T* p, std::size_t n );

ポインタ p によって参照される記憶域を解放します。 pallocate() の以前の呼び出しによって取得したポインタでなければなりません。

引数 n は元々 p を生成した allocate() の呼び出しの第1引数と等しくなければなりません。 そうでなければ動作は未定義です。

::operator delete(void*) または ::operator delete(void*, std::align_val_t) (C++17以上) を呼びますが、それらがいつどのように呼ばれるかは未規定です。

[編集] 引数

p - allocate() から取得したポインタ
n - 以前 allocate() に渡したオブジェクト数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 関連項目

未初期化記憶域を確保します
(パブリックメンバ関数) [edit]
[静的]
アロケータを使用して記憶域を解放します
(std::allocator_traits<Alloc>のパブリック静的メンバ関数) [edit]