名前空間
変種
操作

std::allocator<T>::construct

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory‎ | allocator
 
 
動的メモリ管理
スマートポインタ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++17未満)
(C++11)
アロケータ
メモリリソース
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
ヘッダ <memory> で定義
void construct( pointer p, const_reference val );
(1) (C++11未満)
template< class U, class... Args >
void construct( U* p, Args&&... args );
(2) (C++11以上)
(C++17で非推奨)
(C++20で削除)

配置 new を使用して、 p の指す確保済みの未初期化記憶域に T 型のオブジェクトを構築します。

1) new((void *)p) T(val) を呼びます。
2) ::new((void *)p) U(std::forward<Args>(args)...) を呼びます。

[編集] 引数

p - 確保済みのみ初期化記憶域を指すポインタ
val - コピーコンストラクタの引数として使用する値
args... - 使用するコンストラクタ引数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 関連項目

[静的]
確保された記憶域にオブジェクトを構築します
(関数テンプレート) [edit]
確保関数
(関数) [edit]