名前空間
変種
操作

std::wstring_convert<Codecvt,Elem,Wide_alloc,Byte_alloc>::wstring_convert

提供: cppreference.com
 
 
 
 
wstring_convert() : wstring_convert( new Codecvt ) { }
(1)
explicit wstring_convert( Codecvt* pcvt );
(2)
wstring_convert( Codecvt* pcvt, state_type state);
(3)
explicit wstring_convert( const byte_string& byte_err,
                          const wide_string& wide_err = wide_string() );
(4)
wstring_convert(const std::wstring_convert&) = delete;
(5) (C++14以上)
1) デフォルトコンストラクタ。
2) シフト状態およびエラー文字列にデフォルト構築された値を用いた、指定された変換ファセットを持つ wstring_convert オブジェクトを構築します。
3) エラー文字列にデフォルト構築された値を用いた、指定された変換ファセットと指定されたシフト状態を持つ wstring_convert オブジェクトを構築します。
4) 変換ファセットとして new Codecvt を、シフト状態としてデフォルト構築された state_type を用いた、指定されたエラー文字列を持つ wstring_convert オブジェクトを構築します。
5) コピーコンストラクタは削除されています。 wstring_convert は CopyConstructible ではありません。

[編集] 引数

pcvt - Codecvt 型の変換ファセットへのポインタ (このポインタがヌルの場合、動作は未定義です)
state - 変換のシフト状態の初期値
byte_err - エラーのときに表示するナロー文字列
wide_err - エラーのときに表示するワイド文字列

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
P0935R0 C++11 default constructor was explicit made implicit

[編集]

#include <locale>
#include <utility>
#include <codecvt>
 
// utility wrapper to adapt locale-bound facets for wstring/wbuffer convert
template<class Facet>
struct deletable_facet : Facet
{
    using Facet::Facet; // inherit constructors
    ~deletable_facet() {}
};
 
int main()
{
    // UTF-16le / UCS4 conversion
    std::wstring_convert<
         std::codecvt_utf16<char32_t, 0x10ffff, std::little_endian>
    > u16to32;
 
    // UTF-8 / wide string conversion with custom messages
    std::wstring_convert<std::codecvt_utf8<wchar_t>> u8towide("Error!", L"Error!");
 
    // GB18030 / wide string conversion facet
    typedef deletable_facet<std::codecvt_byname<wchar_t, char, std::mbstate_t>> F;
    std::wstring_convert<F> gbtowide(new F("zh_CN.gb18030"));
}