名前空間
変種
操作

std::time_get<CharT,InputIt>::get_year, std::time_get<CharT,InputIt>::do_get_year

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | time get
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:

iter_type do_get_year( iter_type s, iter_type end, std::ios_base& str,

                       std::ios_base::iostate& err, std::tm* t) const;
(1)
protected:

virtual iter_type do_get_year( iter_type s, iter_type end, std::ios_base& str,

                               std::ios_base::iostate& err, std::tm* t) const;
(2)
1) public メンバ関数。 最も派生したクラスの protected virtual 関数 do_get_year を呼びます。
2) シーケンス [beg, end) から連続する文字を読み込み、何らかの処理系定義の書式を用いて、年を解析します。 ロケールによっては、2桁の年が受理されるかもしれません。 それらがどの世紀に属するかは処理系定義です。

解析された年は std::tm 構造体のフィールド t->tm_year に格納されます。

有効な日付が読み込まれる前に終端イテレータに達した場合、この関数は errstd::ios_base::eofbit をセットします。 解析エラーに遭遇した場合、この関数は errstd::ios_base::failbit をセットします。

目次

[編集] 引数

beg - 解析するシーケンスの開始を指定するイテレータ
end - 解析するシーケンスの終端イテレータ
str - 必要なときにロケールのファセットを取得するためにこの関数が使用するストリームオブジェクト (例えばホワイトスペースをスキップするための std::ctype や文字列を比較するための std::collate)
err - エラーを示すためにこの関数によって変更されるストリームエラーフラグオブジェクト
t - この関数呼び出しの結果を保持する std::tm オブジェクトへのポインタ

[編集] 戻り値

有効な年の一部として認識された [beg, end) 内の最後の文字の次を指すイテレータ。

[編集] ノート

2桁の入力値について、多くの処理系は std::get_timestd::time_get::get() および POSIX の関数 strptime() によって使用される変換指定子 '%y' と同じ解析ルール (2桁の整数が期待され、範囲 [69,99] の値は 1969〜1999 の値になり、範囲 [00,68] の値は 2000〜2068 の値になる) を使用します。 4桁の入力は一般的にそのまま受理されます。

解析エラーに遭遇した場合、この関数のほとんどの実装は *t を変更しません。

[編集]

#include <iostream>
#include <locale>
#include <sstream>
#include <iterator>
 
void try_get_year(const std::string& s)
{
    std::cout << "Parsing the year out of '" << s <<
                 "' in the locale " << std::locale().name() << '\n';
    std::istringstream str(s);
    std::ios_base::iostate err = std::ios_base::goodbit;
 
    std::tm t;
    std::istreambuf_iterator<char> ret =
        std::use_facet<std::time_get<char>>(str.getloc()).get_year(
            {str}, {}, str, err, &t
        );
    str.setstate(err);
    std::istreambuf_iterator<char> last{};
    if (str) {
        std::cout << "Successfully parsed, year is " << 1900 + t.tm_year;
        if (ret != last) {
            std::cout << " Remaining content: ";
            std::copy(ret, last, std::ostreambuf_iterator<char>(std::cout));
        } else {
            std::cout << " the input was fully consumed";
        }
    } else {
        std::cout << "Parse failed. Unparsed string: ";
        std::copy(ret, last, std::ostreambuf_iterator<char>(std::cout));
    }
    std::cout << '\n';
}
 
int main()
{
    std::locale::global(std::locale("en_US.utf8"));
    try_get_year("13");
    try_get_year("2013");
 
    std::locale::global(std::locale("ja_JP.utf8"));
    try_get_year("2013年");
}

出力例:

Parsing the year out of '13' in the locale en_US.utf8
Successfully parsed, year is 2013 the input was fully consumed
Parsing the year out of '2013' in the locale en_US.utf8
Successfully parsed, year is 2013 the input was fully consumed
Parsing the year out of '2013年' in the locale ja_JP.utf8
Successfully parsed, year is 2013 Remaining content: 年

[編集] 関連項目

(C++11)
指定された書式の日付/時刻の値をパースします
(関数テンプレート) [edit]