名前空間
変種
操作

std::moneypunct<CharT,International>::curr_symbol, do_curr_symbol

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | moneypunct
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:
string_type curr_symbol() const;
(1)
protected:
virtual string_type do_curr_symbol() const;
(2)
1) public メンバ関数。 最も派生したクラスのメンバ関数 do_curr_symbol を呼びます。
2) このロケールによって通貨識別子として使用される文字列を返します。 International (std::moneypunct の第2テンプレート引数) が false の場合、識別子は通常、"¥""$" などの、単一の (ワイド) 文字です。 Internationaltrue の場合、識別子は通常、 ISO 4217 の3文字の通貨コードに空白が続いた4文字の文字列 ("JPY ""USD " など) です。

[編集] 戻り値

通貨記号または通貨コードを保持する string_type 型のオブジェクト。

[編集]

#include <iostream>
#include <locale>
void show_ccy(const char* locname)
{
    std::locale loc(locname);
    std::cout << locname << " currency symbol is "
              << std::use_facet<std::moneypunct<char, true>>(loc).curr_symbol()
              << "or " << std::use_facet<std::moneypunct<char>>(loc).curr_symbol()
              << " for short\n";
}
int main()
{
    show_ccy("en_US.utf8");
    show_ccy("ja_JP.utf8");
    show_ccy("sv_SE.utf8");
    show_ccy("ru_RU.utf8");
    show_ccy("vi_VN.utf8");
}

出力:

en_US.utf8 currency symbol is USD or $ for short
ja_JP.utf8 currency symbol is JPY or ¥ for short
sv_SE.utf8 currency symbol is SEK or kr for short
ru_RU.utf8 currency symbol is RUB or руб for short
vi_VN.utf8 currency symbol is VND or ₫ for short

[編集] 関連項目

通貨値のための書式化パターンを提供します
(仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]