名前空間
変種
操作

std::locale::combine

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | locale
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
template< class Facet >
locale combine( const locale& other ) const;

*this のコピーとなるロケールオブジェクトを構築します。 ただし Facet 型のファセットについては other からコピーされます。

目次

[編集] 戻り値

新しい名前なしのロケール。

[編集] 例外

otherFacet を実装しない場合 std::runtime_error

[編集]

#include <iostream>
#include <locale>
 
int main()
{
    const double number = 1000.25;
    std::cout << "\"C\" locale: " << number << '\n';
    std::locale loc = std::locale().combine<std::numpunct<char>>(std::locale("en_US.UTF8"));
    std::cout.imbue(loc);
    std::cout << "\"C\" locale with en_US numpunct: " << number << '\n';
}

出力:

"C" locale: 1000.25
"C" locale with en_US numpunct: 1,000.25

[編集] 関連項目

新しいロケールを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]