名前空間
変種
操作

std::isalnum(std::locale)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
template< class charT >
bool isalnum( charT ch, const locale& loc );

指定された文字が指定されたロケールの std::ctype ファセットによって英数文字として分類されるかどうか調べます。

目次

[編集] 引数

ch - 文字
loc - ロケール

[編集] 戻り値

文字が英数として分類される場合は true、そうでなければ false を返します。

[編集] 実装例

template< class charT >
bool isalnum( charT ch, const std::locale& loc ) {
    return std::use_facet<std::ctype<charT>>(loc).is(std::ctype_base::alnum, ch);
}

[編集]

異なるロケールで isalnum() の使用をデモンストレーションします (OS 固有)。

#include <iostream>
#include <locale>
int main()
{
    const wchar_t c = L'\u2135'; // mathematical symbol aleph
 
    std::locale loc1("C");
    std::cout << "isalnum('ℵ', C locale) returned "
               << std::boolalpha << std::isalnum(c, loc1) << '\n';
 
    std::locale loc2("en_US.UTF-8");
    std::cout << "isalnum('ℵ', Unicode locale) returned "
              << std::boolalpha << std::isalnum(c, loc2) << '\n';
}

出力:

isalnum('ℵ​', C locale) returned false
isalnum('ℵ', Unicode locale) returned true

[編集] 関連項目

文字がアルファベットまたは数字かどうか調べます
(関数) [edit]
ワイド文字がアルファベットまたは数字かどうか調べます
(関数) [edit]