名前空間
変種
操作

std::ctype<char>::ctype

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | ctype char
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
explicit ctype( const mask* tbl = 0, bool del = false, std::size_t refs = 0);

std::ctype<char> ファセットを作成し、開始参照カウント refs を基底クラスのコンストラクタ locale::facet::facet() に転送します。

tbl がヌルの場合は、すべての分類メンバ関数によって classic_table() が使用されます。 そうでなければ、 tbl は少なくとも std::ctype<char>::table_size のサイズのマスクの配列の最初の要素へのポインタでなければなりません。 その配列はこのファセットのすべての分類メンバ関数によって使用されます。

deltrue の場合、配列は new[] で確保されたものと仮定され、このファセットのデストラクタが delete[] tbl を呼びます。

[編集] 引数

tbl - 使用する分類テーブル、またはヌルポインタ
del - テーブルを削除する必要があるかどうかのインジケータ
refs - 開始参照カウント

[編集]