名前空間
変種
操作

std::ctype<CharT>::toupper, std::ctype<CharT>::do_toupper

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | ctype
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:
CharT toupper( CharT c ) const;
(1)
public:
const CharT* toupper( CharT* beg, const CharT* end ) const;
(2)
protected:
virtual CharT do_toupper( CharT c ) const;
(3)
protected:
virtual const CharT* do_toupper( CharT* beg, const CharT* end ) const;
(4)
1,2) public メンバ関数。 最も派生したクラスの protected virtual メンバ関数 do_toupper を呼びます。
3) このロケールによって大文字形が定義されていれば、文字 c を大文字に変換します。
4) 文字配列 [beg, end) 内のすべての文字について、大文字形が存在する場合、その文字をその大文字形に置き換えます。

目次

[編集] 引数

c - 変換する文字
beg - 変換する文字の配列の最初の文字へのポインタ
end - 変換する文字の配列の最後の次へのポインタ

[編集] 戻り値

1,3) 大文字、またはこのロケールに大文字がリストされていなければ c
2,4) end

[編集] ノート

1:1 の文字マッピングのみがこの関数によって行うことができます。 例えば 'ß' の大文字は (いくつかの例外はありますが) 2文字の文字列 "SS" であり、これは do_toupper によって取得することはできません。

[編集]

#include <locale>
#include <iostream>
 
void try_upper(const std::ctype<wchar_t>& f, wchar_t c)
{
    wchar_t up = f.toupper(c);
    if (up != c) {
        std::wcout << "Upper case form of \'" << c << "' is " << up << '\n';
    } else {
        std::wcout << '\'' << c << "' has no upper case form\n";
    }
}
 
int main()
{
    std::locale::global(std::locale("en_US.utf8"));
    std::wcout.imbue(std::locale());
    std::wcout << "In US English UTF-8 locale:\n";
    auto& f = std::use_facet<std::ctype<wchar_t>>(std::locale());
    try_upper(f, L's');
    try_upper(f, L'ſ');
    try_upper(f, L'ß');
 
    std::wstring str = L"Hello, World!";
    std::wcout << "Uppercase form of the string '" << str << "' is ";
    f.toupper(&str[0], &str[0] + str.size());
    std::wcout << "'" << str << "'\n";
}

出力:

In US English UTF-8 locale:
Upper case form of 's' is S
Upper case form of 'ſ' is S
'ß' has no upper case form
Uppercase form of the string 'Hello, World!' is 'HELLO, WORLD!'

[編集] 関連項目

do_tolower を呼びます
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字を大文字に変換します
(関数) [edit]
ワイド文字を大文字に変換します
(関数) [edit]