名前空間
変種
操作

std::ctype<CharT>::scan_not, std::ctype<CharT>::do_scan_not

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | ctype
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:
const CharT* scan_not( mask m, const CharT* beg, const CharT* end ) const;
(1)
protected:
virtual const CharT* do_scan_not( mask m, const CharT* beg, const CharT* end) const;
(2)
1) public メンバ関数。 最も派生したクラスの protected virtual メンバ関数 do_scan_not を呼びます。
2) 分類マスク m を満たさない文字配列 [beg, end) 内の最初の文字、つまり、 is(m, c)false を返すであろう最初の文字 c を探します。

目次

[編集] 引数

m - 検索するマスク
beg - 検索する文字配列の最初の文字へのポインタ
end - 検索する文字配列の最後の次へのポインタ

[編集] 戻り値

マスクを満たさない [beg, end) 内の最初の文字へのポインタ、またはそのような文字が見つからなかった場合は end

[編集]

#include <locale>
#include <clocale>
#include <iostream>
#include <iterator>
 
int main()
{
    std::setlocale(LC_ALL, "en_US.utf8");
    std::wcout.imbue(std::locale("en_US.utf8"));
    auto& f = std::use_facet<std::ctype<wchar_t>>(std::wcout.getloc());
 
    // skip leading whitespace
    wchar_t s1[] = L"      \t\t\n  Кошка";
    const wchar_t* p1 = f.scan_not(std::ctype_base::space, std::begin(s1), std::end(s1));
    std::wcout << "'" << p1 << "'\n";
 
    // skip leading digits
    wchar_t s2[] = L"123456789ネプネプ";
    const wchar_t* p2 = f.scan_not(std::ctype_base::digit, std::begin(s2), std::end(s2));
    std::wcout << "'" << p2 << "'\n";
}

出力:

'Кошка'
'ネプネプ'

[編集] 関連項目

分類テーブルを用いて、指定された分類に分類されないシーケンス内の最初の文字を探します
(std::ctype<char>のパブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
指定された分類に分類される文字シーケンス内の最初の文字を探します
(仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]