名前空間
変種
操作

std::ctype<CharT>::narrow, do_narrow

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | ctype
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:
char narrow( CharT c, char dflt ) const;
(1)
public:

const CharT* narrow( const CharT* beg, const CharT* end,

                     char dflt, char* dst ) const;
(2)
protected:
virtual char do_narrow( CharT c, char dflt ) const;
(3)
protected:

virtual const CharT* do_narrow( const CharT* beg, const CharT* end,

                                char dflt, char* dst ) const;
(4)
1,2) public メンバ関数。 最も派生したクラスの protected virtual メンバ関数 do_narrow を呼びます。
3) その文字がシングルバイトで表現可能であれば (例えば UTF-8 の ASCII 文字はシングルバイトです)、文字 c (ワイド文字かもしれない) をマルチバイト表現に変換します。 そのような変換が存在しない場合は dflt を返します。
4) 文字配列 [beg, end) 内のすべての文字について、 dst の指す文字配列内の連続する位置にナロー化した文字 (またはナロー化が失敗したときは dflt) を書き込みます。

ナロー化は、基本ソース文字集合 (C++ のプログラムを書くために必要なラテン文字、数字、句読点) のすべての文字について、常に成功し、常に (widen() を呼ぶことによって) 逆変換可能です。

成功した場合、ナロー化は is() に既知なすべての文字分類カテゴリを維持します。

数字の文字のナロー化は、その結果から文字リテラル '0' を引いたとき、その差が元の文字の数字の値と等しくなることを保証します。

目次

[編集] 引数

c - 変換する文字
dflt - 変換が失敗した場合に生成されるデフォルト値
beg - 変換する文字の配列の最初の文字へのポインタ
end - 変換する文字の配列の最後の次へのポインタ
dst - 埋める文字の配列の最初の要素へのポインタ

[編集] 戻り値

1,3) ナロー化した文字、またはナロー化に失敗した場合は dflt
2,4) end

[編集]

#include <locale>
#include <iostream>
 
void try_narrow(const std::ctype<wchar_t>& f, wchar_t c)
{
    char n = f.narrow(c, 0);
    if (n) {
        std::wcout << '\'' << c << "' narrowed to " << +(unsigned char)n << '\n';
    } else {
        std::wcout << '\'' << c << "' could not be narrowed\n";
    }
}
 
int main()
{
    std::locale::global(std::locale("en_US.utf8"));
    std::wcout.imbue(std::locale());
    std::wcout << std::hex << std::showbase << "In US English UTF-8 locale:\n";
    auto& f = std::use_facet<std::ctype<wchar_t>>(std::locale());
    try_narrow(f, L'A');
    try_narrow(f, L'A');
    try_narrow(f, L'ě');
 
    std::locale::global(std::locale("cs_CZ.iso88592"));
    auto& f2 = std::use_facet<std::ctype<wchar_t>>(std::locale());
    std::wcout << "In Czech ISO-8859-2 locale:\n";
    try_narrow(f2, L'A');
    try_narrow(f2, L'A');
    try_narrow(f2, L'ě');
}

出力:

In US English UTF-8 locale:
'A' narrowed to 0x41
'A' could not be narrowed
'ě' could not be narrowed
In Czech ISO-8859-2 locale:
'A' narrowed to 0x41
'A' could not be narrowed
'ě' narrowed to 0xec

[編集] 関連項目

do_widen を呼びます
(パブリックメンバ関数) [edit]
文字をナロー化します
(std::basic_ios<CharT,Traits>のパブリックメンバ関数) [edit]
可能であればワイド文字をシングルバイト文字に変換します
(関数) [edit]