名前空間
変種
操作

std::ctype<CharT>::is, std::ctype<CharT>::do_is

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | ctype
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
public:
bool is(mask m, CharT c) const;
(1)
public:
const CharT* is(const CharT* low, const CharT* high, mask* vec) const;
(2)
protected:
virtual bool do_is(mask m, CharT c) const;
(3)
protected:
virtual const CharT* do_is(const CharT* low, const CharT* high, mask* vec) const;
(4)
1,2) public メンバ関数。 最も派生したクラスの protected virtual メンバ関数 do_is を呼びます。
3) 文字 c がマスク m によって分類されるかどうか調べます。
4) 文字配列 [low, high) 内のすべての文字について、完全な分類マスク (例えばデフォルトのロケールにおける数字 '0' に対する digit|xdigit|alnum|print|graph) を識別し、そのマスクを vec の指す配列の対応する要素に格納します。

目次

[編集] 引数

c - 分類する文字
m - 単一の文字を分類するために使用するマスク
low - 分類する文字の配列の最初の文字へのポインタ
high - 分類する文字の配列の最後の文字の次へのポインタ
vec - 埋めるマスクの配列の最初の要素へのポインタ

[編集] 戻り値

1,3) cm によって分類される場合は true
2,4) high

[編集]

#include <locale>
#include <utility>
#include <vector>
#include <iostream>
 
// utility wrapper to make locale-bound facets destructible
template<class Facet>
struct deletable_facet : Facet
{
    template<class ...Args>
    deletable_facet(Args&& ...args) : Facet(std::forward<Args>(args)...) {}
    ~deletable_facet() {}
};
 
int main()
{
    // classify a single character using the default locale
    auto& f = std::use_facet<std::ctype<char>>(std::locale());
    char c = '0';
    if (f.is(std::ctype_base::digit, c)) // or isdigit(c, locale());
    {
        std::cout << "'" << c << "' is a digit\n";
    }
 
    // classify every character in a string using a named locale
    deletable_facet<std::ctype_byname<wchar_t>> f2("en_US.utf8");
    std::wstring str = L"z\u00df\u6c34\U0001d10b";
    std::vector<std::ctype_base::mask> vec(str.size());
    f2.is(&str[0], &str[0] + str.size(), &vec[0]);
 
    for (std::size_t n = 0; n < str.size(); ++n) {
       std::cout << std::hex << "U+" << str[n] << " is: ";
       if (vec[n] & std::ctype_base::alnum) 
          std::cout << " alnum ";
       if (vec[n] & std::ctype_base::punct) 
          std::cout << " punct ";
       std::cout << '\n';
    }
}

出力:

'0' is a digit
U+7a is:  alnum 
U+df is:  alnum 
U+6c34 is:  alnum 
U+1d10b is:  punct

[編集] 関連項目

分類テーブルを用いて、文字を分類します
(std::ctype<char>のパブリックメンバ関数) [edit]
指定された LC_CTYPE カテゴリに従ってワイド文字を分類します
(関数) [edit]