名前空間
変種
操作

std::collate::~collate

提供: cppreference.com
< cpp‎ | locale‎ | collate
 
 
 
 
ヘッダ <locale> で定義
protected: ~collate();

std::collate ファセットを破棄します。 このデストラクタは protected かつ virtual (基底クラスのデストラクタが virtual であるため) です。 std::collate 型のオブジェクトは、ほとんどのファセットと同様に、このファセットを実装する最後の std::locale オブジェクトがスコープ外に出たとき、またはユーザ定義クラスが std::collate から派生し public なデストラクタを実装する場合にのみ、破棄できます。

[編集]

#include <iostream>
#include <locale>
struct Destructible_collate : public std::collate<wchar_t>
{
    Destructible_collate(std::size_t refs = 0) : collate(refs) {}
    // note: the implicit destructor is public
};
int main()
{
    Destructible_collate dc;
    // std::collate<wchar_t> c;  // compile error: protected destructor
}